2度目の個展を決めた。

0

    一つ目標を定めるため

    生きる気力を保つため

    また、

    心残りのないように

    来年、個展を開くことを決めました。


    個展開催は2度目。

    前回と同様、ディーアイあさひかわでやります。


    ディーアイあさひかわにこだわる理由として、

    “展示の内容がここでしかできない”

    寧ろ、

    “ここでやるならこんなことをしよう”

    と、考えていたからです。


    もうすでに内容は決まっていて、

    ずっと前から温めています。

    形にしたいと考えながら、

    出来ずに終わるかなと思っていました。


    けれど「今しか出来ないかもしれない」と考え直し、

    いつもの直感で決めてしまいました。

    作家仲間さんから「有言実行マン」の称号を頂いたので、

    名に恥じぬよう実現したいと思います。


    応援よろしくお願いいたします。



    一つの提案として、一つの問いかけとして、

    皆さまに伝えたい。


    更新のお知らせ

    0

      「メルヘンイラスト」に2点追加しました。

       

      うさぎとバルーン

      誕生

       

       


      校舎に呼ばれた。

      0

        中学時代の美術部の顧問だった恩師に呼ばれて、母校の小学校へ行ってきました。

        なぜ中学時代の恩師に会うために小学校へ行ったかというと、その恩師が母校の小学校の教頭先生になったからです。

        こんな奇跡、あるのでしょうか。


        恩師とは卒業後も年賀状のやり取りを続けていました。2018年に開催した私の個展に遊びに来てくれたことで、卒業以来約13年振りの再会を果たしたのでした。


        こうしてまた会える機会が出来て、とても嬉しい。


        本題もそこそこに、校舎を案内してくれました。

        どこを見ても当時のままで、掲示物も備品も、匂いも温度もそのままで、一気にあの頃の記憶がよみがえりました。


        現代の子供の体格(昔よりも体が大きいのだそう)に合わせて机や椅子の規格が変わっていたり、図書室には白い木製のベンチとテーブルが設けられ、憩いの空間ができていたりと変化もありました。


        生徒が一人足りず、ある学年では一クラスしかありませんでした。その学年のために二つの教室を隔てる壁を撤去し、大きな教室として使用していました。

        他の教室でも机の数は見るからに少なく、日本の現状がよく伺えました。


        体育館に入ると、室温2度の冷気で身体が震えました。

        そして、よみがえるあの時の瞬間。

        20年前、創立30周年の記念式展。

        体育館の空間に並ぶ、無数の短冊。

        それには、全校生徒一人一人の夢が書かれています。

        その中にあった自分の夢。

        はっきりと、堂々と書かれた夢。

        「画家になりたい」


        自分が絵の道を進もうと志した瞬間から20年経っていました。

        こうして絵の仕事を受けるようになった今、今だからこそ、母校へ帰ってきたことに意味を感じます。


        原点回帰。


        もしかしたらそのために、校舎に呼ばれたのかもしれません。


        今一度、自分を振り返ってみよ、と。


        その証拠に、先日旭川美都さんからオファーがあり、これまでの歩みや活動を振り返りる機会を頂きました。

        巡り合わせというのは不思議なものです。

        先生に呼ばれたのも、美都さんから話があったのも、今だからこそ意味があるのだと思います。

        今回のことは、大切にしていこう。


        余談ですが、小学校は来年新校舎へと移ります。

        グラウンドもプールも、大きな岩や木で遊んだ庭も、うさぎ小屋もすでにありません。

        賑わいのある校舎に遊びに来るチャンスは、もしかしたら最後だったかもしれませんね。


        紹介していただきました。

        0

          旭川美都A Dream Session様に「輝く旭川人アーティスト達」として

          紹介していただきました。

          こちらよりご覧いただけます。

           

          2019年までのひっとの歩みが8割くらいわかる内容となっています。

          ぜひ見てみてください。

           

          旭川美都さんは旭川出身のアーティストを称え応援し、

          アーティストの活動情報を発信しています。

          また、年に1度音楽ライブも開催。

          旭川から東京、そして世界へとつなげます。

           

          「旭川は文化芸術の街だ」という考えと、

          芸術の力で盛り上げたいという姿勢に共感しています。

          微力ながら、私も美都ファミリーとして貢献していきたいです。


          ヘッダーイラスト変えました(1日ぶり2度目)

          0

            昨日のイラストをネット上に載せたとたん

            モヤモヤしたので描き直しました。

            すみません。

            新しいヘッダー・アイコン・名刺イラストはこちら

            ↓↓↓↓↓

            プロフイラスト2020

            かわいい。

             

            昨日のイラストだと、

            なんだかキレンジャクのジャックくんと

            心の距離があるようで気になりました。

            そもそも線画段階でなんだかモヤモヤしていました。

            うまくいかなくて時間もかかりましたし。

            その点今回は驚異的な速さで仕上げることができたので、

            絵ってそういうもんですね。

            完成度や満足度が気持ちとリンクしている。

             

            というわけで、今後はこちらのイラストを

            よろしくお願いいたします。



            プロフィール

            PR

            表示中の記事

            カテゴリー

            過去の記事

                    

            最新のコメント

            ひっとおすすめの本

            ひっとおすすめの本

            ひっとおすすめの本

            お世話になっていますリンク

                       

            カレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            サイト内検索

            others

            モバイル

            qrcode

            JUGEM

            無料ブログ作成サービス JUGEM