第20回KFSコミックイラスト・グランプリ

0


    「私からの手紙」

    2017年9月頃制作、同年11月発表

    B4サイズ、ホワイトワトソンボード、透明水彩

    残念ながら落選。


    今回でコミックイラスト・グランプリが終了となります。
    最後に入選したかった……とてもとても、非常に、めちゃくちゃ、ウルトラハイパーマックス悔しいです!!!!
    けれど仕方ないですね。
    反省を次に活かす!

    社会に出て、色んな場面で辛いと感じることが多々あると思います。
    そんなときふと、あの頃の自分を思い出します。
    あんな風に思ってたな、考えてたな、
    夢見ていたな……。
    そんな昔の自分が時に励ましになったりすることがありますよね。
    かつての自分を胸に、これからもがんばる!
    そんな希望のイラストでした。

    ACAG'17に出展!

    0

      ACAG17宣伝画像

      ↑画像クリックで少し大きめに表示

       

      展示の楽しさを伝え、
      若い世代の芸術家を発掘・育成・発展させる
      ことを目的とした公募展

       

      「ACAG'17 U-39」に参加します!

       

      Asahikawa
      Culture
      Artistic
      Gathering

       

      の頭文字をとってACAGとしています…
      ただし、今回の応募では!

       

      昨年までは「Asahikawa Civic Art Gallery」でした。
      しかし、旭川市民ギャラリーが
      2016年9月に西武と共に無くなってしまい、
      会場を市民文化会館へと移しながら、
      今回は市民文化会館の自主文化事業として
      開催となったようです。
      なかなか…苦労なさっているのだろうと推測しています…
      今回で通算5回目の開催となるので
      今後も10回、20回と続いていけるように
      応援していきたいですね。

       


      ●日時
      2017年12月20日(水)〜24日(日)
      10:00〜19:00

       

      ●会場
      北海道旭川市7条通9丁目
      旭川市民文化会館

       

      ●入場無料

       

      ●出品作品
      「のぼっておいでよ!」
      「にっこり」
      の原画作品2点。

       

      ひっと名義で出展します。

       


      年末の繁忙期ではございますが、
      特に「のぼっておいでよ!」は
      ぜひ直接見て頂きたいと思っていたので
      どうぞご都合のつく方はご来場くださいませ。
      よろしくお願いいたします。

       

      高文連以来の文化会館での展示、とても嬉しいです(*^^*)

      JUGEMテーマ:illustration


      +P Tokyo4に参加!

      0

        +P Tokyo4宣伝画像

        ↑画像クリックで少し大きめに表示

         

         

        ドラマチッククリエイション&エンターテイメント企画
        通称“ドラクエ企画”主催

        「オリジナルポストカード展『 +P Tokyo4』」

        「+P12」に引き続き「復古趣味」メンバーで参加します!

        主催HPはこちらhttp://www.dorakue.com/


        ★1グループ10点のポストカードを展示販売!
        沢山のポストカードが並んだ会場は迫力満点!
        一律1枚160円で販売させて頂きます!
        好きなイラストと必ずめぐりあえるはず!
        ぜひお越しくださいませ♪


        ●場所
        東京都渋谷区神宮前3-20-18
        デザインフェスタギャラリー
        GALLERY WEST 1-B、1-C

        ●日時
        2017年12月21日(木)〜2017年12月26日(火)
        11:00〜20:00(初日16:00〜、最終日〜19:00)

        ●グループ
        No.25『復古趣味』

        ●メンバーと作品数
        ・ちょりこ(3つ)
        ・リタさん(2つ)
        ・yukichiさん(1つ)
        ・ひっと(4つ)

        ノスタルジックなイラストをお楽しみください。
        近郊にお住まいの方もそうでない方も、
        どうぞお越しくださいませ。

         

        JUGEMテーマ:illustration


        江口さんと自由、描くこと

        0
          ●以前も記事を書きました。
          地元の一番最初の画材屋さん

          江口日曜堂の店主、江口さんからまたお話を聞けました。
          その前に余談。
          今年度の、国が正式に定める文具店に江口日曜堂さんが選ばれたそうですよ。素晴らしいですね!
          江口日曜堂は小樽から旭川に来て92年。
          まだまだ続きますよね?と聞くと
          100年までやる!と力強く答えてくださいました。
          86歳、まだまだ現役ですね(*^^*)


          江口さん曰く。
          人生とはどんな舞台を演じるか。
          いつかは幕を閉じてしまう!
          だからその前に、自由に生きるんだ。
          他人など関係ない。
          自分の人生は自分のもの。

          “自由”を尊重する江口さん。
          ご兄弟は皆外国へ行き、それぞれ活躍しているそう。
          そのうちカナダへ行ったお姉さん(なんと2つの大学の教授!)はカナダ在住の日本人が物乞いの生活をしていることに衝撃を受け、専門外だった福祉の勉強をし、カナダに住む日本人に向けた老人福祉の活動を初めて行ったそう。
          外国では有名とのことで、驚きです。

          そんな風に各々が好きなことをし、勉強する、少し羨ましくも感じる人生。
          その背景には“戦争”がありました。

          戦時中、旭川にある学校の美術班(部はグラブのブ、英語だったため使えなかった)の顧問や生徒が逮捕されたという事件が発生。
          詳しくはどうぞ「生活図画教育」というキーワードで検索してみてください。
          また、ヤフー!ニュースに記事がありました。
          リンクが切れる可能性がありますが貼っておきます。
          「思想犯」にされた日々

          そして江口さん自身も徴兵される年齢でした。
          しかし体格が基準を満たしていないという理由で徴兵されず、まもなく、終戦を迎えました。

          理不尽な理由で描くことを罪とされ、人生を奪われ、命令により徴兵されていく……。
          上からの命を下は受け入れる。
          圧力により人生……自由が無くなる。
          そういう経験をしたからこそ
          江口さんは自由を尊重しているのだと
          私は解釈しました。

          「今ここで自由に生きていることこそ幸せだ」
          とおっしゃっていました。

          そう、自由に描けることは幸せなのですね。

          この幸せの中で、どうして描くことを我慢するか!
          どうして好きなことをやらないのか!
          自由を自ら手放そうとするのか!
          先人達がつくりあげてくれた平和があるからこそ
          私達は生きていけて、描いていける。
          ありがたく、無駄にしてはいけない。
          そう感じました。

          無知な自分を恥じながら、
          けれどもとても大切な話が聞けて
          大変勉強になりました。
          ありがとうございます。

          最後に。
          「若い頃は濃い色を選ぶが歳をとると淡い色を選ぶ。食事と一緒。若い頃は大盛りを食べたいが、老人はそんなに食べられない。少しでいい。少しでいいが、もう1品つけてほしい。色んな味を楽しみたい!」


          手描きPOP(ア/イ/コ/ス)

          0
            ※検索避けのため文字列の間に斜線を入れさせていただきます。読みにくいとは思いますが、ご了承ください。

            今回は加/熱/式/タ/バ/コの「i/Q/O/S(ア/イ/コ/ス)」
            のPOPを描かせて頂きました!

            内容は
            「在庫があるということと、値段を表記して欲しい」
            とのことでした。



            サイズは縦14×横24センチ。
            什器(じゅうき)に合わせたサイズです。

            商品のイメージ「クール、青」
            を崩さないよう、なおかつ目が引くように
            と意識しました。



            什器に設置するとこんな感じになりました。
            背景は諸事情で少し隠しています。


            余談で、このPOPを描くために
            ポスカと本を買いました。
            「手描きPOPの見本帳」
            発行・株式会社MdNコーポレーション
            著者・株式会社フレア
            面白いですよ♪

            今まで絵は勉強してきたけれど、
            POPは勉強してこなかったので
            教科書として購入。
            POP描きに目覚めたので
            あってもいいなぁと考えました。

            そもそもPOPは店員が商品を売りたい気持ちから生まれるもので、イラストやデザインとは分野がまたちょっと違うものなんですよね。

            私はついレタリングしてしまい
            下書き(下段)はこんな感じ。
            完成したもの(上段)と比較↓



            デザインなら下段で良いのかと思いますが。
            そもそも全体的にデザインしているような……
            POPはもっと、人間味がないと
            お客さんを引き付けられない……
            そんな風に感じます。

            なかなか奥が深くて楽しいです。


            なんでも描きますので
            今後もどうぞよろしくお願いいたします!


            プロフィール

            PR

            表示中の記事

            カテゴリー

            過去の記事

                    

            Pixiv

            最新のコメント

            ひっとおすすめの本

            ひっとおすすめの本

            ひっとおすすめの本

            お世話になっていますリンク

                       

            カレンダー

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            Twitter

            サイト内検索

            others

            モバイル

            qrcode

            JUGEM

            無料ブログ作成サービス JUGEM